So-net無料ブログ作成
検索選択

おいしい話。 と、いろいろ みたび…… [きれいのために]

386.JPG

         ああ皐月
 仏蘭西の野は火の色す 君も雛罌粟 われも雛罌粟        与謝野晶子 
        
 サツキ フランス                  コクリコ        コクリコ                                                
                                                   

 

527.JPG

砂糖菓子のようなポピー  別名ひなげし。 そして雛罌粟(こくりこ)とも。

528.JPG 
ドレスのようでかわいい   開いたばかり? ちょっぴりシワシワのドレス…

50周年を迎える大船フラワーセンターで過ごした5月のある休日。 489.JPG

バラ園では芳香種のバラに鼻をつっこみ、くんくんしてはうっとり~♪360.JPG

 

芳香種じゃないけど、折り紙みたいな バット オースチン(英)    いちばんお気に入り♪348.JPG

ノーマン ランバート(英).JPG
                                         ノーマン ランバート(英)
ブラック ティー(日).JPG
                                            ブラック ティー(日)
ブルー バユー(独).JPG
                                            ブルー バユー(独)
162.JPG
                                           ブランス バンド(米)
114.JPG
                                              ラブ ユー(日)

                        icon_covered_button02_075.gif

バラは限りなく続きそうなので、ここから、おいしい話。
今夜読み終わった「キャベツ炒めに捧ぐ」

                  41tw37SYxxL._SX230_.jpg 
3人の中年女性がお惣菜屋「ここ家」でおいしそうな旬のお惣菜を作りながら、
それぞれの人生に軽く、深くかかわり合いながら繰り広げる友情?物語。
3人の表情や行動が目に浮んでくる文章に、つい映画化するなら江子は大竹しのぶかなぁ、
とか考えながら読んでました。
でも何よりお店の厨房やそれぞれの自宅で作られる惣菜がおいしそうなのです。
大きなあさりが手に入ったからと、あさりのフライ(!)を作ったり、摘みたてのふきのとうで
味噌を作っておにぎりにのせたり、海老としいたけと百合根を
加えて作るひろうすの揚げたてを
はふはふしたり、そして、キャベツを炒めただけというメニューにからむ大切な思い出とか、
心は温まり、お腹はぐぅ~の小説でした。

 

                        カップ1.gif

 
011.JPG
ファンデーションを替えました。 別にこれでなくてもよかったのだけどなんとなく成り行きで…
このブラシは、肌あたりがとってもよくて秀逸ものだけどまだうまく使いこなせてない~
それにしてもカウンターではサササって感じでいとも簡単に美肌(に見える)メークが仕上がる
のに自分でやると、どうしていつも代り映えしないんだろう。 
テクニックの違いってどうにもならないのかなぁ。  もう一度教えてもらいにカウンターまで
行ってしまいましたよ… 
で、今のところこれ!ってお勧めできるのは、部分用コンシーラー。

サイトの商品説明は

毛穴やしわ、ほうれい線など、気になる凹凸を簡単にフラットに。上に重ねるファンデーションが
均一にフィットし、透明感のある美しい仕上がりが長時間持続します。過剰な皮脂を吸着し、
テカリやくすみを防いで、サラサラですべすべのマットな質感をキープします。
  

ようするに、わたしの場合は鼻の毛穴落ちを防ぎたいと思い購入したのですが、これ
いい! 夜クレンジングするまで毛穴OK♪ 
BAさんは額にもくるくるするといいですよ。と言ってたけどその効果はよく
わからないな。 商品説明にあるように「気になる凸凹を簡単にフラットに」
ということなんでしょうが、わたしの場合はそう「簡単にフラット」には
なってくれませんでしたよ…  トホ

カウンターに行ったら必ず肌チェックをしてもらいます。
(結果がでるまで成績表をもらうこどもの気持ち ドキドキ )
今回は、前回と比較して肌の柔らかさがダウン。水分状態もいまいち。 
自分では肌状態に自信があったのですごく落ち込む。 
いろいろ考えて、そういえばここ何カ月もお肌コロコロしてない~!
ということに思い至る。 BAさんによるとコロコロは柔らかさに効き目大
とのこと。 さっそくローラー使用 再開しましたよ。 
どんなことでも手を抜くと必ず見返りがあるのね…  ああ

ちなみにコスメブランドでは、資生堂率が高いわたしですが、口紅類はなぜかほとんどがクラランス。 
クラランスの香料がちょい苦手でファンデーション類はダメなんだけど、口紅だけはなぜかOK。 
いっけんするとハデな色も、塗ってみると意外とナチュラルだったりするので、リピートしています
 

530.JPG
フラワーセンターでとっても変わった花に目がとまりました。 どなたか花名 ご存知ありませんか~

 

 
                   icon_covered_button02_075.gif

 


nice!(28)  コメント(13) 
共通テーマ:アート

nice! 28

コメント 13

mayu

バニラさん、こんばんは^^

わぁ大事な事なんですな、私。。。肌チェックなんてした事ないです!
今度、絶対してもらいたいです。
バニラさん、ありがとうございます!
バニラさん、綺麗なんだろうなぁ。。。
by mayu (2012-06-02 20:05) 

バニラ

◇mayuさま
 わたしの周りにも、お肌のチェックしてもらったことないという人、多いです。
 もったいない~といつも思います。
 せっかくカウンターまで足を運んだのですから(ネットで安く購入せずに)、
 あらゆることを吸収して帰らなきゃ!って貪欲なわたしです。
 一年前との比較や結果もプリントアウトしてもらえるのでほんとに成績表みたい
 です。  おばあちゃんになってもきれいを目指してきらきらしていたいなと
 思っています♡
by バニラ (2012-06-03 07:02) 

hk

バラにはいろいろあるのは知っているけれど,ポピーにもあるんですね~
房総にあるポピーしか見ていないから見直しました.
それにしてお花っていいものですね❤ バラが飾りたくなりました。。。

私もmayuさんと同じ意見でバニラさん,キレイなんだろうなぁと思います.
美に対するバニラさんの心持ちが爪の垢でも私にあれば。。。
by hk (2012-06-03 18:05) 

Inatimy

ポピーの花びらは、薄い紙みたいですよね。
バラの花、キレイですね~。 この中だったらブルー バユーがいいな。
一番下の花は、Osteospermum オステオスペルマムの一種だと思います。
オステオスペルマム・ニンジャとか、オステオスペルマム・サニー・フィリップとか、
Osteospermum fruticosum など、こんな花びらになるみたいですね~。
by Inatimy (2012-06-03 18:55) 

バニラ

◇hkさま
 ここのポピーの一角だけすてきな雰囲気でした♪
 美に関してはこだわりがあるかも~ 朝は自分に気合をいれてスタートですね♪
 いたって普通のバニラさんですけれど♪

◆Inatimyさま
 あ~、ニンジャかも! j不思議な花なんですね。 ありがとう♪
 こんなに簡単にわかってしまうなんて感謝です。
 Inatimyさんのこんどのバラ図鑑にもうっとりしています。
 
by バニラ (2012-06-04 06:11) 

yk2

冒頭の写真、いろんな花の色が1枚の中に収まってて、とてもきれいですね。
大船のフラワー・センターかぁ~。小学生の時にたった1度出掛けたきりです。今度出掛けてみようかな。
by yk2 (2012-06-04 22:42) 

空楽

ご訪問ありがとうございます。
ポピーとっても綺麗ですね^^
by 空楽 (2012-06-05 08:29) 

moz

大船のバラたちもとても綺麗に咲いていたんですね。
おじ達がいるので玉に出かけるんですが、フラワーセンターはかなりご無沙汰しています ^^;
ポピーもほんと、踊り子さんたちのドレスみたいですよね ♪
この本、面白そうです。今度読んでみます。摘みたてのふきのとうの味噌、キャベツいため、海老としいたけと百合根の揚げ物・・・、もうよだれです・・・(笑)
by moz (2012-06-06 06:03) 

バニラ

◆yk2さま
  大船のフラワーセンターの話をすると、みんな懐かしがってくれました。
  昔行ったなぁ~って。  わたしは初めてだったので、こんなところだったの
  か~ってきょろきょろしてましたが。 
  ポピーの花壇はいい感じに作られていて別ワールドでした♪

◇空楽さま 
  ポピー畑、とってもすてきでした♪

◆mozさま
  フラワーセンター、50歳ですものね。 建物もかなり古くて手狭な感じは
  否めないですね。 
  「キャベツ炒めに捧ぐ」は、若い人よりアラフォー?以降向きかも…
  渋い料理が並ぶので、若い人にはイメージが湧かないかもと
  思ってしまいました。 何しろ作り手達は60代ですので。
by バニラ (2012-06-06 19:04) 

moz

誤字・・・すいません。「たまに出かける」の間違いです ^^;
じぶんも年取ってるので、渋い料理の方が好きです(笑)
by moz (2012-06-10 05:24) 

あじゃ

こんにちは!
美しい花たち、、、
でもやっぱり花より団子、、笑
その本 読んでみたいです。
NHKのドラマとかでやってほしいですね~
by あじゃ (2012-06-10 13:08) 

アールグレイ

ローラー、最近使っていないです(^_^;)
また再開します。
良い刺激になりました。ありがとうございます^^
by アールグレイ (2012-06-15 00:35) 

バニラ

◆mozさま
  旬を感じる奥深い料理はやはり昔ながらの日本料理、惣菜に限りますね♪

◇あじゃさま 
  キャベツ炒めに捧ぐは、NHKドラマ向きかも~ そうなったらいいなぁ~

◆アールグレイさま
  ローラー、ぜひ復活を! 自分でははっきりしない効果も他人に指摘されて
  うれしいこと、あります。
by バニラ (2012-06-15 05:43) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。